一般歯科

虫歯治療

千葉県市 川市 南行徳 ソコラ南行徳店 ココロ南行徳歯科クリニック 虫歯治療

歯科治療と聞いて、皆さんが最も気にかけるのは、“痛み”ではないでしょうか。当院の治療では、患者様が痛くならないようにすることを最重要課題であるとの考えのもと、治療方針を決定しています。

虫歯治療の流れ

当院では、虫歯の治療を行う前に、症状について事前に問診を行い、お口の中の状況を一度、全体的に把握した上で、必要に応じてレントゲンを用いた画像検査や、器具・機材等を用いて、診査・診断を行います。

また、緊急性がないと判断した場合や、ご自身で痛みなどを感じにくい慢性的な虫歯については、まずお口の中の衛生環境を整えるために、衛生士によるクリーニングや、磨き残しを赤く染め出すお薬を用いて、ご自身の普段使用している歯ブラシを用いて、歯ブラシ指導を行なっていきます。
できるだけお口の中の細菌数を減らして、お口の中の衛生状態が整ってから、順に治療をすすめていく場合がございます。

1. 麻酔により生じる痛みに対する取り組み~
痛みがないようにするために、最大限できること

表面麻酔の使用

局所麻酔を実施する際に、注射針の刺入部位に対する痛みを、できるだけ最小限にする為、麻酔効果のある薬を注射する箇所に塗布します。

麻酔薬の温度管理

麻酔用薬剤が体温よりも極端に低いと、その刺激で麻酔薬が注入されたときに痛みを感じやすくなってしまいます。
そこで、当院では、麻酔用薬剤を体温に近い温度になるように調整したものを使用することで体温と麻酔用薬剤との温度差に起因する痛みを軽減しています。

注射針の選択

麻酔に用いる注射針は、外径が太いほど痛みが強く感じられる為、当院では、極細な注射針を使用しています。
より細い注射針を使用することで、痛みを最小限にすることができます。

麻酔薬注入時の手技と配慮

麻酔薬が注入されるときの圧力により、痛みを生じる場合がございます。注射器による薬液の注入圧、速度を抑えて、麻酔時の痛みを可能な限り軽減しています。
当院では、患者様への配慮を心がけ、できるだけ痛みを軽減する手技を取り入れている為、痛みや不安などをできるだけ解消いたします。

2. 歯を削る大きさは最小限に

当院では、Minimal Intervention(M I)と言った、できるだけ健康な歯を保存して、虫歯を治療・予防するというコンセプトに基づいて治療を行なっております。
コンポジットレジン修復による必要最小限に歯を削り、噛み合わせなどの機能面や、天然歯のような自然な見た目になるように審美性を考慮して、回復することが、歯科材料の物性の向上により可能になってきております。

3. 虫歯を残さない

虫歯のみを染色できるう蝕検知液を用い、虫歯になった部位を明確にしてから処置を行うことにより、虫歯を未処理のまま放置することがないようにしています。
そのため、健康な部位を誤って削るようなことがありません。

4. 歯の神経をできるだけ温存

慢性的な虫歯で、痛み等の症状がなく、神経に近いような大きな虫歯がある場合、歯の神経を取り除かなければならない場合がございます。

歯の神経を取り除いてしまうと、根の中で細菌が再び感染した場合、再治療によって、歯の厚みが薄くなり、長期的に噛み合わせの力が加わることで、歯が割れてしまったり、歯の根にヒビが入ってしまったりと、歯の寿命が短くなってしまいます。

当院では、拡大鏡や、マイクロスコープを用いて、視野を拡大した上で、必要に応じてラバーダム防湿といったゴムのマスクを用いて、お口の中の唾液や細菌から守り、無菌的な状況下で虫歯を取り除き、歯の神経を守るお薬を使用して、軽度な炎症を生じた神歯の経を回復させる治療法を実地しております。

5. 術後の知覚過敏を最小限に

大きな虫歯を処置すると、冷たいものがしみたりする知覚過敏を感じることがあります。
当院では、このような症状が発生するのを防ぎ、感じられる症状を和らげることができるセメントを使用しています。
具体的には、歯が大きく欠けた部位に直接熱を伝える金属が接触しないように、再石灰化を促すフッ素を含んだ裏層材(セメント)を使用し、治療した部位への外的刺激が直接伝わるのを防ぎます。

6. 清潔さを徹底して保つ

お口に入る詰め物や治療器具などは、一つ一つ使用する前に滅菌ならびに消毒をしています。
当たり前のことですが、当院では、本作業を徹底して行っています。
滅菌処置が施させないものは、使い捨てのディスポーザブル品を使用しています。

7. ニッケルチタンファイルの使用

歯の神経の治療には従来、ファイルという専用器具を用いていました。
歯の根は、さまざまな形状を有しており根が曲がっているケースなどがあります。
このような場合、医師の手指による操作では治療に限界がありました。
近年開発されたニッケルチタンファイルにより、従来の方法より優れた治療成績が残せるようになり、当院ではこのニッケルチタンファイルを活用しています。

8. 薬での治療にもできるだけ対応

どうしても神経を取りたくない方、歯を削ることに抵抗がある方や、注射がこわい方などには、口内処理を行わず、お薬で治す治療方法で対応することもできます。

マイクロスコープ治療

市川市 南行徳 ソコラ南行徳店 ココロ南行徳歯科クリニック マイクロスコープ治療

マイクロスコープ治療では、もともと眼科や脳神経外科などの手術で用いられていた高倍率の手術用顕微鏡を、歯科用に改良したものを用います。

マイクロスコープ治療医科では、血管や神経など肉眼で見えない部位をマイクロスコープにより約20倍程度にまで拡大し、精密な治療が正確に行えるようにとなりました。

歯科用マイクロスコープを用いた精密な治療は、根管治療専門医や精密な自費治療などを行う歯科医では導入されつつありますが、その普及率は全国で未だに5%にも満たないという状況です。

このように歯科用マイクロスコープは低い導入状況ですが、当院では既に治療に活用しており、以下のような方にお勧めしております。 

  • 歯の根の治療が完治せず、抜歯すると言われたが抜きたくない方
    (注:本治療を適用したとしても、必ず歯を温存できるわけではありません)
  • 歯を必要以上に削りたくない方
  • 歯の神経を単純に取り除きたくない方
  • 以前に治療を受けた部位が時々うずく方
  • 未処置の虫歯などがなく、処置後の歯を完璧な状態で保ちたい方

マイクロスコープ治療によるメリット

1. 医師の勘および経験のみに頼らない治療

視認できない部位の治療では、医師の勘や経験、指による触診などに頼っていることも多々ありました。
マイクロスコープ治療では、これまで目視することができなかった部まで、高倍率に拡大された視野で確認しながら治療を進めることができます。
そのため、治療の適格性を数倍高くすることが可能となり、この適切な処置は歯の寿命を延ばす結果につながっています。

2. 歯の根の治療で成功率を高める

皆様の中には、歯の根における腫れや痛みなどを何度も繰り返し、治療期間が長引いている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
マイクロスコープ治療により、腫れや痛みなどを引き起こす細菌感染が見つかり、その部位の治療により不快な症状が発生しなくなる可能性があります。

3. 健康な歯は無駄にしない

マイクロスコープは肉眼の約20倍まで拡大できるため健康な歯を削らず、悪性部位のみを削るMI治療(ミニマルインターベーション:最小限の治療)が実施可能です。
また、歯に目に見えないひびなどを見つけることができるため、その部位が悪化することがないような予防対策を講じることができます。

4. 高精度な治療

治療部位へ被せ物や詰め物などを入れる際、処置部位に隙間がないか確認することを可能とし、質の高い治療を行えます。

5. 治療部位を動画で確認

マイクロスコープには動画撮影機能が付加されており、治療前および治療後はもちろんのこと術中の状態も記録することができます。
これにより、患者様が自身の治療部位の状態を見ることができます。
この記録画像を見ながら、医師のコメントや自身の歯の状態変化などを認識することができるため、患者様の意識改善にも一役買っています。

マイクロスコープ治療によるデメリット

1. 治療時間が長い

マイクロスコープ治療を治療部位へ適用することは、該当部位における細部にまで注意しなければならないということです。
すなわち、本治療方法では細かい作業が要求されるため、1回あたりの治療時間が長くなる傾向があります。
治療にかける時間がない方、とにかく治療を早く終わらせてほしい方には向いていないかもしれません。

2. 自費診療になる場合がある

現在、マイクロスコープを用いた治療で保険対象診療として費用請求が認められているのは、歯の根を切る手術(歯根端切除術)
時のみで、ほかの治療に適用した場合、自己負担が増える場合があります。
しかし当院では重度の虫歯治療、高い難易度である歯の根の治療、歯周外科や保険外治療の被せ物などでマイクロスコープを使用しますが、マイクロスコープ使用について別途追加の費用をいただいておりません。
ただし、すべての処置に対してマイクロスコープを用いて治療してほしいまたは、すべての治療を動画で記録してほしいなどのご要望の場合は保険外治療として、別途費用をいただいております。

マイクロスコープ治療例

歯の根の中(根管)は、通常の治療方法では目認できません。
しかし、マイクロスコープを使うことにより、悪くなっている部位を正確に見つけることができ、ピンポイントでその部位を除去あるいは治療することができます。

小さな虫歯であれば、通常の拡大鏡(8倍~10倍の拡大率)を用いることで治療に対応できるかもしれません。
しかし、虫歯が大きくて神経に近くなるほど、歯に与えるダメージを最小限にした繊細かつ精密な治療が必要となります。
このようなときにはマイクロスコープを活用することにより、健康な歯を極力残すことが可能となります。

重度に悪化した歯周病の治療では、歯周外科や骨再生治療(エムドゲインなど)などが行われます。
これらの治療はミリ単位で行われ、わずかな歯石の取り残しも許されません。
マイクロスコープを用いた治療では、その成功率を著しく上昇させることができます。

被せ物治療、プラスチックによる詰め物(ダイレクトボンディング)の治療効果が問われるのは、治療痕の見た目だけでなく、被せ物、詰め物と歯との隙間や段差などを生じない精密さです。
マイクロスコープを使用することにより、確実な封鎖を確認することができるため、追加の治療を行う必要を無くすことができます。
\\ ご連絡は下記よりお気軽にどうぞ //

お口の中のお悩みは、
ココロ南行徳歯科クリニックに
お任せください。

所在地:〒272-0138 千葉県市川市南行徳2丁目20-25ソコラ南行徳店2階207号
tel 047-314-8841

診療時間 日・祝
10:00 – 13:30
14:30 – 19:30

※ 土曜、日曜、祝日の診療も行っています
南行徳駅徒歩10分 イオン駐車場680台

問診票ダウンロード PDFファイル

問診票初診用はこちら
小児予診票はこちら

医療法人社団育芯会グループ

047-314-8841
24時間OK!
お問合せ・ご予約