根管治療

根管治療専門医による治療

根管治療とは?

市川市 南行徳 ソコラ南行徳店 ココロ南行徳歯科クリニック 根管治療専門医による治療

根管治療とは、歯の神経に対して行う治療内容であり、歯の中に存在する神経が入っていた空間を、きれいに洗浄・形成してゴム状の材料を詰める治療法です。
まず最初に、虫歯をキレイにとってから感染した神経を取り除き、次に根管(神経が入っている管)をキレイに清掃してから、最終的な神経の代わりとなるお薬を緊密に詰めてから、最後に適応に応じて土台を立てて、最終的な被せ物の治療を進めていきます。

根管治療が必要になる場合として、以下の2つが考えられます。

まず1つ目に、虫歯が神経の近く、あるいは神経がある空間まで大きく波及してしまった際に、細菌によって感染したり、様々な刺激によって神経の炎症が起こってしまった場合に歯の神経を取る必要があると判断した場合。

そして、2つ目として、過去に1度は根の治療をしたにもかかわらず、何かしらの原因によって、根の先に細菌による膿の袋ができ、お食事の際など噛んだ時に違和感や痛みを感じるようになったり、被せ物が土台ごと取れてしまい、治療した根の中の部分に細菌が侵入し、再び感染してしまっている場合などが挙げられます。

歯の中にある、神経が入っている空間は、「根管」と呼ばれ、小さくて狭い上に、非常に複雑な形態をしているため、肉眼では、非常に見えにくい部分となっています。 そこで当院は、マイクロスコープという歯科用の顕微鏡を用いて、非常に複雑な根管内を、より高倍率に拡大した視野の中で処置を行っております。

根管治療の治療期間をできるだけ短く最短に

根管治療は期間が長くなればなるほど根管内の感染リスクが増加し、予後の悪化に深く関わってきます。
マイクロスコープによる精密な根管治療中は、おロを開けて頂く時間が、一般的な治療に比べて、長くなってしまいやすく治療時間が大変かと思われます。
しかし、今後の歯の寿命や被せ物を被せた際の予知性に関わる、非常に重要な処置の治療工程の一つと考えているため、少しでもリラックスしていただきながら、できるだけ短い時間や期間で終えられるように配慮し、予知性の高い治療を心がけて処置を行っております。
不安や、ご不明な点などございましたら、是非、担当医や根管治療専門医にご相談ください。

当院における精密根管治療

当院では、マイクロスコープを使用して、精密根管治療を実地しています。
肉眼では見えない複雑な根管内を確認し、治療前には必要に応じて CT撮影を行って3次元的に評価して、細かな診査・診断を行った上で、治療を進めて参ります。
そこで、当院の特徴を以下に列挙致します。

特徴1一マイクロスコープの使用で治療精度を高める

根管は、小さくて狭い上に、非常に複雑な形態をしているため、肉眼では、非常に見えにくい部分なため、目視で確認することが難しく、治療の成功率に影響を及ぼします。

そこで、治療部位を高倍率で拡大する歯科用顕微鏡であるマイクロスコープを用いることで目視下にて、根の状況がしっかりと鮮明に把握でき、より予知性も含めての診断や、根管治療で、より成功率を上げるためには重要な精密機器になっています。

市川市 南行徳 ソコラ南行徳店 ココロ南行徳歯科クリニック 特徴1一治療精度を飛躍的に高める
特徴2一歯科用CT装置

歯科用CT装置(以下CT)は従来の2次元的なデンタルエックス線写真でも大まかには判断することができますが、3次元的なCTを用いることで、デンタルエックス線写真では把握できないとされる微細な病変や、病変の大きさ、骨の厚み、神経の走行も画像化することで、3次元的に評価をして、治療に必要とされる情報を収集でき、より確定的な診断に導き、それに対しての治療法の選択が可能となります。
CTの結果を用いて精密な診査・診断を行うことにより治療部位をとり正確にし把握し、正確な治療を可能にしています。

市川市 南行徳 ソコラ南行徳店 ココロ南行徳歯科クリニック 特徴2一CT装置による可視化
治療内容

当院が行っている、治療の詳細について以下にご紹介します。

体制1―ラバーダム防湿

ラバーダム防湿とは、ゴム製のシートを金属製の留め具で固定して、治療する歯と口の中を隔離する為の方法です。
ラバーダム防湿を使用する際に、少々の違和感を感じますが、これを行うことにより口の中の細菌や唾液から、治療する歯に新たに細菌が侵入して感染するのを防ぎます。
できる限りの無菌的処置が可能になることで、再感染の予防かつ、成功率が上がり、今後安心して被せ物に移行することができます。

市川市 南行徳 ソコラ南行徳店 ココロ南行徳歯科クリニック 特徴3一再発防止策 ラバーダム防湿

体制2―「ニッケルチタンファイル」の使用

根管内は、根が曲がっている「彎曲(わんきょく)」や、木の枝のように分岐している「側枝」、根の先端がくっついている「融合」、など、非常に歯の外観だけでは想像できないような複雑な形態をしています。
従来、根管治療で使用される「ステンレスファイル」では、非常に硬く、直線的な作業しかできないため、直線的な根管内には適応されますが、彎曲(わんきょく)などの複雑な根管内に対するアプローチが困難であり、複雑な根管内の細菌含めた汚れを物理的に清掃する作業には無理があり、限界もございます。

「ニッケルチタンファイル」は、超弾性と形状記憶の性質を持ち、複雑に彎曲(わんきょく)した根管内の細菌を含めた「汚れ」を、確実に短期間での清掃ができ、できる限り根管のオリジナルの形態に追従させることが可能となっております。
当院では、ファイルの素材の特徴をよく理解した上で、併用して治療を行っています。
部位によって、ファイルを使い分け、最も効率的に洗浄できるものを選択して治療しています。

市川市 南行徳 ソコラ南行徳店 ココロ南行徳歯科クリニック 体制2―根歯に優しく柔軟性をもつ「ニッケルチタンファイル」

体制3―根管内の洗浄・消毒

根管治療は、主に根管内を削って形を整えて清掃し・消毒を行います。
ファイルなどを用いて、削った時の削片や、残った神経の一部は、根管内専用の洗浄剤を用いて洗浄しながら取り除いていきます。
当院は、根管内の洗浄剤を適宜に応じて使い分けて洗浄を行い、根管内の清掃度を向上させています。
また。次回来院の期間中まで、お薬の作用でできるだけ細菌を取り除き、根管治療中の根管内の空洞に対しての細菌侵入から感染を防ぐために仮のお薬「水酸化カルシウム」を根管内に用いております。

市川市 南行徳 ソコラ南行徳店 ココロ南行徳歯科クリニック 体制3―根管内の洗浄

体制4―根管充填

「根管充填」は、神経が入っていた空間をきれいに洗浄して形を整えた後に、ゴム状の材料を用いて、神経を取り除いたことにより生じた空洞を、緊密に塞いで詰める処置です。この際に、この空洞をしっかり緊密に塞ぐことができなければ、再び細菌に感染してしまいます。

一般的にゴム状の材料を用いて隙間を塞ぎますが、複雑な形態をしている根管内では緊密に塞ぎきれないケースがあります。
充填方法には様々な種類や方法があり、治療している歯の形態や状態に必要に応じて、使い分けて行っております。

市川市 南行徳 ソコラ南行徳店 ココロ南行徳歯科クリニック 体制4―セメントの活用
\\ ご連絡は下記よりお気軽にどうぞ //

お口の中のお悩みは、
ココロ南行徳歯科クリニックに
お任せください。

所在地:〒272-0138 千葉県市川市南行徳2丁目20-25ソコラ南行徳店2階207号
tel 047-314-8841

診療時間 日・祝
10:00 – 13:30
14:30 – 19:30

※ 土曜、日曜、祝日の診療も行っています
南行徳駅徒歩10分 イオン駐車場680台

問診票ダウンロード PDFファイル

問診票初診用はこちら
小児予診票はこちら

医療法人社団育芯会グループ

047-314-8841
24時間OK!
お問合せ・ご予約