小児矯正

市川市 南行徳 ソコラ南行徳店 ココロ南行徳歯科クリニック 小児矯正

当院でお受けしているご相談の中でお子様の歯に関するものは近年、虫歯よりも歯並びに関するものが多くなってきています。

「うちの子の歯並びは問題ありますか?」、「歯列矯正を始めるのならばいつがベスト?」といたようなお問い合わせがあります。

時代やライフスタイルの変遷の中で、親御様方のお子様に対する関心度も大きく変わってきているようです。

当院では、口腔環境を整えるという観点から、お子様の成長に合わせた顎骨の矯正治療も行っております。

まずは、当院の無料相談をご利用し、お子様のお口に関する疑問点について不安を解消してください。

始めるタイミングが重要!

市川市 南行徳 ソコラ南行徳店 ココロ南行徳歯科クリニック 始めるタイミングが重要!

お子様の矯正治療で重要なのは、いつ治療を始めるのかといったタイミングであり、最適なタイミングを見極めて治療を始めなければなりません。

ベストなタイミングで治療を開始することができれば、最適な治療が容易に実施することが可能となります。

しかし、治療を開始するベストのタイミングは画一的に定められるものではないため、お子様の年齢だけで決められることではありません。

お子様の年齢が重要なファクターではなく、お子様の歯並びなどにより、治療を開始する最適なタイミングにはかなりの幅があります。

個人差が著しいので、永久歯がまだ生えていない時期でもあっても、将来的な歯並びについて、アドバイスをさしあげることができます。

以下に小児矯正のメリットを挙げますが、すべての項目において、治療を開始する時期が大きな重要因子になっていますので、少しでも気になるようでしたら、お子様の年齢を気にしないで早めに、当院へご相談ください。

小児矯正のメリット

市川市 南行徳 ソコラ南行徳店 ココロ南行徳歯科クリニック 小児矯正のメリット

歯列矯正は、年齢が重要なファクターではないことをお話させていただきました、したがって、何歳でも矯正治療により歯並びを整えることはできますが、お子様の頃に矯正を始めると数多くのメリットがあります。

これは、お子様の身体的な成長と共に、歯も成長していく過程をたどるからです。
一般的に、目安として9歳頃までに矯正を開始することで、そのメリットを治療に最大限に活かすことができます。

しかし、歯の状態によってはもっと早い時期で治療を開始できれば、自然なきれいな歯並びの実現を簡単に導くことができる場合もあります。

繰り返しになりますが、お子様の歯列について少しでも疑問点がある場合には、当院へお気軽にご相談ください。

顎の成長への影響
歯並びの乱れは、歯の大きさと顎の大きさとの関係性に大きく起因しています。

すなわち、顎の大きさが生えてくる歯の大きさと数に対して小さく、歯が生えるスペースが不足することで歯並びが乱れるケースが多くなっています。

このようなケースでは、成長過程にあるお子様の顎に注目し、顎の成長をコントロールすることにより、きれいに歯が並ぶだけのスペースを作りだして問題を解決します。

骨の成長をコントールするというと物々しいですが、お子様の骨は柔軟性があるため、歯槽骨に支えられた歯が動きやすく、スムーズな治療が可能です。

さらに、成長期にある柔らかい骨の特徴により、治療の痛みが軽減されるといったメリットもあります。
顎を広げる治療を行いますが、フェイスラインに影響を及ぼすことはないのでご安心ください。

顎の拡大と形のコントロールは年齢が上がるにつれて難しくなります。
これは身長が伸びるのが止まるように、骨の成長速度が緩やかあるいは止まるためであり、顎も骨ですので同じことがいえます。

したがって、遅くとも9歳までに治療を開始する必要があります。
しかし、歯並びによっては、5歳以下で治療を開始するのが望ましいケースもあります。
高い適応能力
口内の感覚はデリケートですので、矯正装置が異物として認識されます。

そのため、成人は口内に矯正装置があると慣れるまでに時間がかかります、口内の不快感からくるストレスがたまる可能性が高くなります。

一方、お子様は適応能力が高いので、早い時期に慣れてしまい、ストレスなく生活に支障をきたすことはないという傾向があります。

また、お子様は治療の対象となる骨や組織が成長過程にあるため、ゆがみを治療で強制的に整えたかみ合わせにも早く適応し、歯、歯ぐきや筋肉などの正しい成長につながります。
抜歯の低い可能性
矯正後には永久歯が整然と並ぶスペースを確保できるため、矯正治療で抜歯を必要とするケースを回避できる可能性を高めます。
矯正前の状況では成人になってから外科手術が必要になると予想されるケースでも、ゆがみの少ないうちに正しい成長へ導くことで、将来に受ける可能性がある手術を回避する割合を高めることができます。

小児の矯正が必要な理由

市川市 南行徳 ソコラ南行徳店 ココロ南行徳歯科クリニック 小児の矯正が必要な理由

歯並びが悪いと歯磨きの効果が得にくくなるため、虫歯や歯周病などのリスクが上昇します。
また、歯並びの乱れはかみ合わせの異常も引き起こします。

そのため、しっかりと食べ物を噛むことができず、消化不良や必要な栄養を効率よく体内へ吸収できないなどの全身の健康にも悪影響を及ぼします。

お口周りの見た目に関する問題により、お子様が消極的になってしまい、コンプレックスを抱えるなど心の成長にも悪影響を及ぼしてしまうことも考えられます。

お子様の不正咬合(悪い歯並びやかみ合わせなど)は、遺伝的な要素に加え、食習慣なども大きく関わっています。
近年、やわらかい食べ物が好まれているため必然的に、噛む回数が減ってしまい、顎の成長が不十分になっています。

そのため、小さな顎の限られたスペースに大きな歯が乱立してしまうと、歯並びやかみ合わせなどの乱れを生じるケースがとても多くなっています。

また、歯は矯正治療が適応可能なことから容易に想像できるようにに、力がかかり続けると今ある位置から動いてしまいます。
たとえば、指しゃぶり、頬杖、口呼吸や舌をおいている普段の場所などが要注意の行動です。

無意識に行っている癖や習慣などによって歯並びが乱れることもよくありますので、お子様の行動をよく観察してみるのも良いかもしれません。

小児矯正は永久歯が生えてくる前に、口の中に永久歯がきれいに並ぶだけのスペースを作っておくための予防的な治療です。

当院では、顎の成長を治療でコントロールするだけでなく、不正咬合を引き起こす要因である食習慣および悪い癖の改善を促し、正しい歯磨き方法の習得と習慣づけも含めた総合的な小児矯正治療に取り組んでいます。

小児矯正の内容

市川市 南行徳 ソコラ南行徳店 ココロ南行徳歯科クリニック 小児矯正の内容

小児矯正は、2段階のステップで構成されています。 第1期では悪習慣を改善して顎を拡大することを目指し、第2期では歯を動かす施術を行います。

第1期では、プレートという器具を装着して顎を拡大させ、永久歯が無理なく整然とならぶスペースを作りだします。

第1期の治療では歯並びの状態により、取り外しのできる床矯正治療だけでなく、リンガルアーチやクワドヘリックスなど固定式の歯列拡大装置を用います。

これら装置の選択は、矯正専門医が行い、歯列の状態から適切な装置を用います。
矯正によりエラが張るなどのフェイスラインに影響を及ぼすまで拡大させることはなく、顎の輪郭がきれいになるよう調整します。

第1期の治療を行う時期は、8~11歳頃が最適ですが、歯並びの状態により12歳頃まで適応できることもがあります。
お子様の歯並びが第1期の治療で実施可能かどうか気になる方は、お気軽に当院へお問い合わせください。

歯並びが気になるけど本格的な矯正するほどではないと考える方には、5歳から始めることができるプレオルソこども歯ならび矯正法と呼ばれるマウスピース型矯正をお勧めしています。

この第1期の治療のみで、永久歯の歯並びがきれいに整うケースもあり、その場合は当然第2期の治療を行う必要はありません。

また、第1期の治療を受けることで、口内環境の清浄化に向けた下準備が整えられた状況にあるため、第2期の治療を短期間でしかも簡単に完了できる可能性を高めます。

第1期の治療を完了している場合特に、抜歯を必要とする治療を回避できる確率を高めます。

\\ ご連絡は下記よりお気軽にどうぞ //

お口の中のお悩みは、
ココロ南行徳歯科クリニックに
お任せください。

所在地:〒272-0138 千葉県市川市南行徳2丁目20-25ソコラ南行徳店2階207号
tel 047-314-8841

診療時間 日・祝
10:00 – 13:30
14:30 – 19:30

※ 土曜、日曜、祝日の診療も行っています
南行徳駅徒歩10分 イオン駐車場680台

問診票ダウンロード PDFファイル

問診票初診用はこちら
小児予診票はこちら

医療法人社団育芯会グループ

047-314-8841
24時間OK!
お問合せ・ご予約